今回は今年8月の旅行で宿泊したホテルの紹介をします。
DSC03144_edited
ホテルサンバレー伊豆長岡本館の別館の悠々館コンドミニアムタイプのホテルで伊豆の貸し別荘感覚で宿泊でき山に面しており静かな環境で過ごせます。家族での旅行はもちろん低価格なのでカップルや気の合う仲間、ゼミ・サークル合宿など様々なニーズに対応できるようです。元マンションの建物を部屋内装を行っている少し変わったタイプのホテル別館に宿泊したので中はどうなっているのかなど、気になる所が宿泊前多いと思いますので詳しく紹介します。

伊豆長岡温泉は元々「古奈温泉」と「長岡温泉」という2つの温泉地が合併してできました。サンバレー伊豆長岡本館を中心に富士見和楽アネック悠々館の5つの館で構成されており、この温泉地の中でも大規模なホテルです。さらに近くには伊豆パノラマパークがあります。

悠々館 宿泊価格
(2018年8月現在 大人1名1泊)
・朝夕バイキング付き10,185円~・朝のみ6,800円~・素泊まり5,800円~

連休等本館和楽富士見はかなり価格が上がりますが、悠々館アネックスは少ししか上がらないのでオススメです。またアネックスは少し本館から遠いのと(シャトルなので変わらないですが)部屋が普通のホテルサイズで広さがやや狭く、悠々館は元々会社の保養所?マンションだったため部屋がかなり広く別の館の特別室並で、本館まで徒歩でも行ける近さです。価格は両館あまり変わりませんが悠々館のほうが上だと思います。食事は本館和楽と同じバイキングでこの価格なのでかなり安いです。
DSC03102
まず悠々館和洋室のお部屋を紹介します。玄関から入ると廊下があり手前右はトイレとバスルーム洗面台です。2つは独立してます。そして手前左は和室で奥が洋室です。
DSC03103
奥の洋室です。悠々館の良いところはまず部屋がかなり広めということとキッチンがある所です。
DSC03110
家庭用のシンク台です。ガスコンロもあり使えます。ここで自炊も可能です。奥にはこれも大きめの冷蔵冷凍庫があり、上段は冷凍庫、下段は冷蔵庫です。これも凄いです。その上にはコップ類とお茶パックとポットがあります。お茶を入れることが出来ます。DSC03104
ベッドは2つあります。
DSC03116
左のベッドのほうが若干大きめです。
DSC03106
洋風なソファーがありそこからテレビが見れます。その上にはエアコンがあります。
ちなみにテレビは32型TOSHIBAの「32A1」でした。
DSC03115
MITSUBISHIの霧ヶ峰です。
エアコンは最近新しくなったようで、2016年製「MAZ-E4016S-W」です。本当にエアコンが綺麗で嬉しかったです。
DSC03236
センサー付きで左右の風向を自動で変えてくれます。部屋によって種類は違う可能性がありますが他サイトの写真で古めのエアコンが映っていたので最近更新されたようです。エアコンは10畳以上タイプのようなので効きはかなり良いです。風量もリモコンで3段階に分かれています。リモコンは電波が少ししか届かないのでどどいてない状態で押してもリモコンの表示が変わるだけなので、しっかり向けてエアコンか"ピッ"と音がする所で変えてください。この音が鳴ると正常に設定が変わります。
DSC03255
和室はいたって普通な感じです。さらにエアコンから遠いので嬉しいことに扇風機までありました。お風呂上がり等でも強い風量で涼めます。DSC03117
次はバスルームの部屋にある洗面台です。その横にはかつて洗濯機がおいてあったと思われるスペースがあり元マンションの面影があります。バスルームは硬貨で解除できるロックがかかっており使う場合は10円玉等で開けると使えます
DSC03119
トイレも消毒済の札があり安心します。掃除も行き渡っており綺麗な方でした。
DSC03124
こちらは玄関外の廊下です。エレベーターから降りるとこのようになってます。
DSC03123
今回は最上階のエレベーター降りて右の方 にある
DSC03121
こちらのお部屋でした。インターホンも隣の410はPanasonicと書いてあり若干種類が違う所もあります。
DSC03120
部屋の鍵です。
DSC03253
この部屋はベランダが山の方に向いているのでなにも見えませんが森林の中にいる感じがします。虫コナーズも見えます。気配り最高です。
DSC03254
電話は壁掛けの多機能セキュリティーシステムです。内線外線ができ、右側の穴のところはたぶん玄関からインターホンの話す所だと思いますがよく使い方がわかりません。映像が写る所は今はなにもなく映らないですがかつてマンション玄関はオートロックでここに映像が映っていたのではないかと思います。
DSC03135
悠々館入り口です。来る前はもう少し暗い雰囲気で怖いくらいかと思いましたが非常に明るくしっかりとしたフロントもあり、しっかり説明して下さります。ほっとする空間です。
DSC03167
悠々館玄関にはかつての名残のオートロックシステムがあり,
今は使われていませんがこのカメラが部屋のシステムの映像に映っていたのではと思います。こういうのがかつてマンションとして一般利用されていたのだと思える面影です。
DSC03127
エレベーター内です。
DSC03128
壁にはチラシが貼ってます。本館温泉にまんがえほん図書館があり凄いみたいです。
DSC03133
ロビーです。奥にエレベーターがあり横には浴衣があります。結びとタオル等は和室にありますが浴衣本体はこちらから好みのサイズを取れるといった仕組みです。
DSC03261
そして玄関入って左手にはラウンジがあります。
DSC03263

DSC03265
広いソファーがあります。
DSC03266
奥には自販機とウェルカムコーヒーとレンジがあります。テレビもあります。
DSC03129
ラウンジにも まんがえほん がありました。
DSC03206
フロントです。清潔な印象です。順序が逆になりましたが最初はこちらの悠々館のフロントにてチェックインをします。
BlogPaint

↑↑宿泊した人にもらえる詳細が書かれた紙です。2018年8月現在なので変更している可能性があります。参考程度で見るようにお願いします。
この紙はなかなか泊まる前には見れないので、これから泊まる人にとっては貴重です。

DSC03259
今回こちらのホテルを選んだ一つの目的が温泉卓球ができるからです。5館の中でも唯一悠々館のみ卓球場があります。
DSC03185
地下に行くと廊下があり、面して広いスペースの部屋があります。他サイトでは2台映ってましたが現在1台しかないようです。そしてこの部屋奥には厨房のようなものがあり、かつて社員食堂の用途で使われていたのかと思います。
地下はこのスペースとお風呂があり地下と言っても車の停めてある地面より余裕をもって下に掘ってある(少し崖になっている所に建っている)のでここと温泉から外の光も十分入ってきます。
DSC03183
卓球台は普通な感じです。こちらに子供が遊べるスポンジの遊び場キッズルームの写真を他サイトで見ましたがそのようなものは無かったです。今はやめてしまったようです。
DSC03180
卓球は一時間500円でできます。何名でやっても値段は変わりません。ラケット3本と玉何球かカゴに入って渡されます。さらにルームは土足可能なので体育館シューズ等はなくても大丈夫です。
DSC03181
台のネットは驚いたことに正式大会でも使えるTSPでは最新のネットでした。jttaaついてます。
奥の厨房のところにこれがもう一組と別の種類のネットが2組ありました。設備は十分満足です。
DSC03182
このルームで初めてフリーwifiを見つけました。よくあるやつです。各階のお部屋にもついており部屋の中でも電波が強かったことから2.3部屋の間に一台くらいのペースでついているように思いました。ただどこにあるかはわからなかったので壁の中に埋め込まれていると思います。
回線速度は普通に出ます。youtubeを1080pでも見れました。
回線速度は夜21時実測で 下り31Mbps 上り2Mbps ping22ms でした。参考に。

それでは外へ行き外観や本館への行き方の紹介です。
DSC03136
外観はマンション感一色です。
DSC03137
入り口はおしゃれです。花も植えてあります。
DSC03141
5つの館は全てホテルのシャトルバスが運行しており無料で使えます。また連休等は車が増えます。こちらは時刻など決まっておらず常に巡回しているのでフロントに言えばものの3,4分程で来てくれます。
DSC03149
では歩いて本館へ行ってみましょう。この奥に悠々館があり奥から歩いてきます。
DSC03150
サンバレー悠々館の看板で右へ曲がります。
DSC03151
しばらく歩くと到着です。DSC03153
綺麗な看板の所です。
DSC03276
こちらも花が綺麗です。
DSC03156
本館の泊まる部分です。
DSC03157
本館看板です。
DSC03275
道沿いにはサンバレー伊豆長岡の看板と壁画があるのですぐに気づきます。
DSC03159
それでは本館から悠々館へ歩いて戻ります。
DSC03161
わかりやすくローソンの所で左折します。コンビニも近いので自炊する人もここでなにか買うことが出来ます。
DSC03165
悠々館駐車場です。2段になってます。
DSC03166
全体です。この撮影のあと卓球をやりました。(紹介順番変えてます)
では夜ご飯も近くなってきましたので本館へ再び向かいます。DSC03278
駐車場のる悠々館寄りの入り口はメインではなくサブです。
DSC03186
こちらが夜のバイキング会場です。吉祥です。窓などなく外は見えません。
DSC03187
バイキングの種類は多めです。
DSC03195
目玉は実際に生で料理人が目の前で作ってくれるコーナーです。まずローストビーフと天ぷらです。
DSC03194
その横にはお寿司コーナーがあります。わさび抜きで自分でつける方式です。目の前で握ってくれます。
DSC03196
野菜や奥にはお刺身、カニなど沢山あります。ドリンクはアルコール以外フリードリンクコーナーがあり煎茶も冷たいのあります。
DSC03198
こちらはデザートです。ケーキなど種類沢山です。さらにアイスコーナーもあります。味はバニラ、イチゴ、メロンがあります。普通にすくって取るタイプです。
DSC03203
いい雰囲気です。
食べ終わりました。朝食もありそちらもバイキングで目玉なものもあるので少しお腹に余裕を持ってごちそうさまです。
DSC03205
本館の方を少し見ます。飾り置物コーナーや、壁掛けの絵も沢山あります。
一度悠々館に帰って色々やったあとにまた本館に戻って夜は楽しみな本館の温泉に入ります。
DSC03281
良い雰囲気の建物を進みます。DSC03282

DSC03283
絵が沢山飾ってあります。
DSC03284
1階が温泉で2階に温泉まんがの図書館があるみたいです。
DSC03285
本館の大浴場「夢殿」入り口です。
DSC00121
この日は嬉しいことに男風呂が一の湯でした。一の湯は奈良法隆寺の夢殿をモチーフにした総ひのき大温泉です。天井10mを超えるドーム型浴槽になってます。メインの方です。
満天の湯 夢殿に国の特別天然記念物 秋田県玉川温泉産「北投石の湯」がぬるめの湯やサウナに導入されたようです。
ひのき風呂が初体験で木のお風呂は山の方の旅館にある印象でいい湯でした。
DSC03286
お風呂も上がり悠々館へと戻ります。これは高級なお部屋のようです。
DSC03287
歩いていくとお土産コーナーが本館にあります。
悠々館へと戻り本日は就寝とします。室内はマンションタイプのおかげか隣や上下の音などまったくせず静かでした。他のサイトで謎の機械音がするとありましたが特に感じませんでした。もしかするとエレベーターに近い部屋は振動音する可能性があると思います。
DSC03233
翌日の朝になりました。この写真でわかりますがテレビはBSも映ります。
DSC00123
朝風呂は悠々館の地下1F大浴場「ゆうゆうの湯」に入ります。本館は大きいのでかけ流しでは無いですがこちら悠々館の温泉は浴槽が少ないので、なんとかけ流しです。両方とも源泉ですがそこの点が悠々館の温泉の魅力的な所です。ただ意外と本館へ温泉入りに行く人が多いため連休中でもほぼ貸し切り状態でした。平日だともっと少ないようでこちらにも入るのがオススメだと思います。夜と朝で分けて入ると2度楽しめます。ただ悠々館の温泉の脱衣場のセキュリティーロッカーは6こありますが鍵が1つ意外バンドできる部分が外れており使えない感じでした。横にはカゴに入れる棚もありますのでセキュリティー面で心配ですが使うことができます。男女とも脱衣場の中が、のれん付近からすぐ見えてしまう構造なので女の方は少し気にしながら使わないといけない感じです。←家族から聞きました
アルカリ単純泉 効能…胃腸病、美肌効果、慢性消化器病
お風呂は少し狭いですがそれでも十分です。とても良い朝風呂でした。
では朝食を食べるためシャトルバスをお願いして本館へと向かいます。
DSC03215
シャトルバスで本館へ向かうと正面玄関の方へ到着します。
Y345636488
サンバレー伊豆長岡の朝食での目玉はこちらの「伊豆の勝手丼」です。伊豆は海の幸も美味しい所で漁港もたくさんありそちらの食材をつかっているようです。いくら、しらす、エビ、サーモンなどが自由に好きなだけ取れます。少し前までは期間限定でしたが2018.8現在は常時提供となっており嬉しい所です。

朝食は2会場ありますのでお好きな方で食べるのが良いです。夜は大きな窓がない吉祥の方で用意されてましたが、
DSC03217
朝はもう一方で食べたいと思ったらこちらが正解です!鳳凰という方は庭園レストランということで朝は外が明るいので美しい日本庭園を見ながら朝食をいただけるので、庭園レストランの鳳凰で食べるのがオススメです。
DSC03218
鳳凰に入るとお食事中の札が渡され、こちらを席に置くことで席を確保して安心してバイキングの品を取りにいけるという仕組みみたいです。このシステムはありがたいです。
DSC03221_edited
そしておまちかねの勝手丼です。好み等もありますので私はこの4品を取りました。まずイクラはかなり美味しかったです。ホテルのバイキングでイクラや丼を食べれるのはかなり贅沢です。次にオススメなのがシラスです。これはかなり美味しかったです。たまに外国産など少し新鮮さがなく臭みがあるものもありますが、こちらはかなり新鮮で臭みがほぼないです。本当に伊豆の漁港から提供されている感じです。この勝手丼はかなりオススメでおいしいです。DSC03232
他にもバイキングではクロワッサンやベリーパンやその他沢山おいしい品がありますので堪能してごちそうさまにします。そして悠々館へ無料シャトルバスで戻ります。中からはこのような感じになっておりテレビ等のロケバスと同じ感じです。DSC03234
朝も悠々館のロビーにウェルカムドリンクとして無料でコーヒーを飲むことができる機械が動いていました。
DSC03242
部屋へと戻り、2日目出かける準備をします。
DSC03262
フロントの方でチェックアウトをして宿泊終了です。もちろん悠々館でお支払い(各種カード対応)チェックアウトができます。悠々館にて全て手続きができますので本館へわざわざ行ってチャックをする必要はありません。追記:部屋の常備灯はテレビ台内棚にあります。事前説明は無かったです。

~感想~ 評価★★★★☆
一言で言うと「コスパ最高な品質の高いホテル」ということで、連休でも1人夕朝月で1万5千前後という価格で、他の少しお高い館と同じ食事を食べることができる所が凄いと思いました。さらに部屋の質は落ちますが他館より圧倒的な広さで、他館の特別室並の広さで家族で行っても狭さでギュウギュウになることなく余裕があるくらいです。

さらにキッチンがついているということで1日目使った水筒などの用具を広々と洗えます。また食事なしプランだと5000円代~というかなりお安い価格で泊まれて、キッチンで自炊することができるのが良い点です。ガスも使えて最高!※調理機材の貸出は無いので自分で用具を持っていく必要があります。

最初は悠々館内は薄暗い感じで活気がないのかと思っていたのですがそんなことはまったくなく明るくフロントの方も親切で本当に何度も行きたくなります。お部屋の状態も元々使われていた部屋の内装リフォームをしてあり綺麗な方でした。清掃もしっかり行き渡ってます。清潔なイメージでした。格安な方ですが一泊するには十分なサービスでした。ただマンション感は残ってますので少し味気ない様相ではあります。廊下が吹きさらしなのでここの所は雨の強い日など注意がいります。
そしてお風呂はこれも他館と同様の本館大浴場に入ることもできます。夢殿をイメージにしたひのき風呂を楽しむことができて最高です。悠々館では卓球もやれて最近は旅館などでできる所が減ってますがここではできて良かったです。貸出用具は状態良好で新品並。2018.8現在

またこちらに泊まりたいと思います。皆様にも少し低価格で泊まる所をお探しの場合はこちらのホテル悠々館をオススメします。少し変わっていて普段できない体験もできて楽しいですよ。
ホテルサンバレー伊豆長岡
【宿泊施設データ】ホテルサンバレー悠々館
410-2211伊豆の国市長岡702-1
・部屋数→和室6 和洋室30
・無料→Wi-fi完備,駅間送迎,5つの館間送迎,駐車場完備
・標準部屋設備→全室【バス,シャワー,温水洗浄トイレ,冷暖房,テレビ,空の冷蔵庫,家庭用キッチン,家庭用キッチン換気扇,扇風機,お茶パック,湯沸かしポッド,コップ,ドライヤー,金庫,その他公式HPで
・温泉→伊豆長岡温泉(加水)本館大浴場「夢殿」or悠々館地下「ゆうゆうの湯」のかけ流しお風呂どちらでも入浴可能
・卓球 有料1時間500円
・コインランドリー 有料

20180828143526_edited
※この記事は2018年8月の情報ですので今後変わっている所があるかと思います。
こちらの記事のご利用に際して生じたトラブルや損害については、一切責任を負いかねます※